東京都杉並区阿佐ヶ谷にある吉水咲子による絵手紙教室「夢工房」

挨拶

「素敵な出会いは
身近な所から始まります。」

日常使っている茶碗やカップ、四季を通じて季節の花や野菜、
果物などを描く事により、今までは気付かなかった新たな感動に出逢うでしょう。

そして自分の描いた絵に自分の言葉が加わると、
受け取った方にも何倍も感動が伝わります。
何かを始めようとするとき、迷いはつきものですが
絵手紙を通じて自分を素敵に変身させましょう。

世間のものさしより自分のものさしです。

長年の地域活動等が評価され
東久邇宮文化褒賞をいただく

近のダイジェスト情報

◆ 月~金曜日 午前7時40分「朝ごはんの現場」に出演いたしました。
2018年11月1日 NHKおはよう日本の「朝ごはんの現場」で、我が家の朝ごはん風景が紹介されました。

◆ 新刊著書発売 誠文堂新光社から7月9日に「絵封筒の描き方」が発売されました。

メディア掲載情報

◆ ランキング1位 2018年5月my-best社が選定した
「東京都内の絵手紙教室おすすめ人気ランキング10撰」にて、夢工房が第1位に選出されました。

◆ 湧永製薬様の情報発信誌「大元気120号」に夢工房小金井教室の授業風景が掲載されました。

メディア掲載情報

◆ 池田泉州銀行様の2018年カレンダーに吉水咲子の絵手紙が「関西絵手紙紀行」のテーマで採用されました。

メディア掲載情報

◆ 巣鴨「こしいしクリニック」医院のリニューアルに際し、吉水咲子デザインの看板が採用されました。

メディア掲載情報

ディア掲載情報

NHK「NHK団塊スタイル」に出演しました。

メディア掲載情報

団塊世代の人物に迫る「D’sスタイル」、今回は絵手紙指導者の吉水咲子さん。
49歳の時、母の代筆で絵手紙を書くようになり、
素朴な絵に一言添えて自分の想いを伝えることができる絵手紙に魅了される。

「絵手紙には身近な人を励ます力がある」と教室を開設、
ニューヨーク・マンハッタンにて個展も開いた。

「絵手紙は人の心を動かし、人とのつながりを生む大切なもの」と考える
吉水さんの活動を紹介しながら、絵手紙によって変わった、人生の転機を伺う。

【再放送】12月6日(金)

もっと見る

著書
もっと見る


絵てがみ
季節を大切にすることば選び

もっと見る


絵てがみ
心に残る年中行事のことば選び

もっと見る

2016年 新刊
絵てがみ
美しい日本を巡る旅のことば選び

もっと見る
ページトップ